カテゴリー別スタッフのブログ : 浴室リフォーム事例


浴室換気乾燥機の交換



今週は、ブログ担当曜日の火曜日に更新できました。

今回のお題目は、浴室換気扇の交換です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お客様宅で、浴室の換気扇が以前より壊れて動かなくなっているとのことで、交換のご依頼です。

電気式の浴室換気乾燥機(熱源がガスのもある)が壊れていたのですが、幸いお客様のお宅は戸建の為、浴室に窓がついていたので、換気扇が動かなくなっていても大きな支障はなく、永いことそのままにしていたようです。

浴室換気乾燥機は、もう使わないとのことで、乾燥機能無しの、通常のサニタリー用換気扇を取付けいたしました。

ただ、換気扇取付穴が、えてして換気扇より換気乾燥機の穴のほうが大きいので、穴を塞いで、そこに換気扇を取り付けるようになります。

今回は、420×420mm角 に、260×260mm角 の換気扇を取り付けます。

取付穴を小さくする為の、メーカー純正の取付パーツもあるのですが、結構いい値段がするので、安価におさえるため、樹脂板を加工して、穴を塞ぎました。

といっても、樹脂板を任意のサイズにカットして、真ん中に26cmの四角い穴を開けるだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それを元の穴に貼り付けして、換気扇を設置すればOKですが、換気扇の重さと振動に天井が耐えられるように、木枠を組んで、補強するなどの加工は必要です。

あとは換気扇のスイッチですが、元の暖房換気乾燥機は、本体からリモコン線がでていて、それについた操作盤(リモコン)が、浴室扉横についている、という状態です。

交換するものは換気扇なので、リモコンみたいなものはついていないので、電線をもってきてスイッチを取り付けるようになります。

余談ですが、いずれこのようなスイッチ類も、IOTの普及(IOTは、モノのインターネットなんて呼ばれていますね)とともに、スマホ等のようなデータ通信可能な媒体で、一括管理されるようになるのでしょうね。

そうすると、スイッチやリモコン、電線やら工事費やら、なんやらかんやらにかかるコストが下がり、そこから生み出せる利益が極めて少なくなるのですね。

このような仕事に限らず、市場のほとんど全てがデジタルデータ化され、ネット経由で、簡易に情報交換がおこなわれるようになり、経済学用語でいうところの、限界費用がゼロに近づくので、数百年続いた現在の経済活動の根幹が、ここ数十年の間に、様々な分野から徐々にパラダイムシフトを迫られる、という事態になるのだろうと思います。

そして米国ではすでに、80年代以降のITやAIの導入で、90年からの26年間で、製造業の生産量は72%増加しているにもかかわらず、効率化によって、31%の雇用減、となっているようです。

などと、このような仕事しながらも、色々想像して楽しんでいるわけですね。

それはさておき、目先の問題は、現況の換気乾燥機のリモコンサイズが、電気のスイッチのプレートより、えてして大きい、ということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

リモコン、スイッチ回りのクロスを張替する場合は問題になりませんが、今回のように、換気扇交換のみ、の場合は、大きなプレートをつける、プレートを2枚付ける、はたまた穴を塞いで、似寄りのクロスで部分補修する、などが考えられますが、リモコンを外してみたら、リモコン線を通す穴だけが、丸く開いているだけでした。

下のスイッチプレートのセンターに合わせて取付けることは適いませんでしたが、穴の補修はせずに済みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1番の懸念事項が解消したので、あとは首尾よく進み、取付け完了いたしました。

暖房換気乾燥機が壊れて交換したいけど結構高いし、とか、乾燥機使ってないし、、先々のことを考えて、壊れにくい換気扇に替えちゃおうかな、とか考えている方は、こんな方法も視野に入れてもいいかも知れません。

あと、今回は穴ふさぎのプレートは白系を使いましたが、別の色を使ってアクセントにしても面白いですね。

イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。

※作業終わらせて、問題ないかチェックして、請求書渡して、器具の説明して、なんて考えてたら、完成後の画像を
撮り忘れました。完成イメージが伝わらない・・・・綺麗に出来上がっているんですけどね、ごめんなさい。


浴室リフォームのページへのバナーリンク

日野市で浴室の水栓を交換させていただきました。



日野市で浴室の水栓を交換させていただきました。

 

以前は、2ハンドル水栓を御使用頂いておりました。

 

経年劣化により、パッキンからの水漏れや水栓本体の汚れが目立ち始め、

 

交換させて頂く事になりました。

 

【施工前】

001

【施工後】

003

 

新しく交換させて頂いた水栓は、LIXILのシャワーバス水栓(BF-HB147TSD)という商品です。

 

この商品はサーモスタット付になりますので左側のハンドル一つで温度調節がラクラクです。

 

以前の2ハンドル水栓の場合は、左(湯)右(水)のハンドルをそれぞれ回して微調整が必要でしたが、

 

もうその面倒な調整も必要ありません。

 

熱いお湯を出し過ぎての焼けど等の事故防止にも役立ちますね。

 

御家庭の水栓の交換の際には、一つの御参考になせってみてはいかがでしょうか。

 

イーゼルホーム 住まいる館 佐藤でした。

 


浴室リフォームのページへのバナーリンク

立川市内でシステムバスリフォーム



先週ご案内しました立川市内でリフォーム中のO様宅。

システムバスの取付が完了しました。

開口部以外を腰高のサポートバー(手摺り)がぐるり1周しています。

DSC06849

浴室を拡張して1616サイズになりましたので、このようなオプションが可能になりました。

ご高齢の方が自立入浴でも安心です。

また介護補助者の方にも負担軽減が図れます。

イーゼルホーム 住まいる館 小林 一でした。


浴室リフォームのページへのバナーリンク

八王子市でユニットバス交換工事が完了しました!!



こんばんは。早いものでもう11月も終わってしまいますね。残すところ、今年もあと一ヶ月ですね。

なんて一年って早いものかと感じています。

 

今回は八王子市のマンションでユニットバスの交換工事が完了いたしました。

まずは交換前の写真を見ていただきます。

 

交換前です。

 

 DSC04638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04634

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1418サイズでした。写真を見てもおわかりになると思いますが、浴槽の奥に水栓金物(蛇口)がついているために、

浴槽のサイズいかせきれておりませんでした。

 

交換後のユニットバスの写真です。

 

DSC05068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水栓金具がなない為に浴槽が広くなっています。給湯器(循環金具)からお湯をためることができるので

 最近では、洗い場側のみ水栓をつけることがほとんどになっています。

 

マンションから、戸建までユニットバスのことなら イーゼルホーム 住まいる館にお任せください。

 

小沼でした。

 

 

 


浴室リフォームのページへのバナーリンク

続 板橋区でユニットバスの交換



前回書き込み出来なかったユニットバス交換工事に関する、よもやま話を今回は取り上げたいと思います。

 

ユニットバスを解体した際に、洗濯機用水栓の裏側がみえる状態になったのですが、元々壁の中に隠れていた給水管が若干濡れているようだったので、良く確認してみると、どうも直管とエルボ管の継手の部分からやっぱり漏水していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長い間にちょっとずつ漏れていたようで、管を固定するバンドも錆びて

朽ちていました。

一番上のエルボを交換するために水道の元栓を閉めてはずしてみると、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 このようにいとも簡単にはずれてしまいました。

管をつなぐ際にはボンドで接着するのですが、元々薄かったのか、ボンドが劣化してただ管どうしがささっているだけの状態でした。

今回発覚してよかったです。

もし発覚していなかったら、突然壁の中で水が噴き出すところでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じに新たに木をいれて、ビス止めできるタイプのものに交換いたしました。

 

今回は間一髪な感じでしたが、リフォーム時に新たにみつかる不具合は結構多いものです。

こまめな点検とリフォームがお家を長持ちさせますね。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。

 


浴室リフォームのページへのバナーリンク

« 古い記事