カテゴリー別スタッフのブログ : キッチン・リフォーム事例


キッチンカウンター 浄水器取り付け



今回のお題目は、キッチンカウンターへの浄水器取付です。

ブログは火曜日担当ですが、今週火曜日がなかなか忙しく、更新できなかったので、木曜更新します。

最初から浄水器用水栓金具がついているキッチン天板であれば、浄水水栓金具の交換で済むはなしなのですが、今回のケースは天板に穴が開いていないところに取付をするので、穴開け作業からの施工になります。

アルカリイオン浄水器みたいな、たいそう立派で、ほどほどに大きさがあるタイプのものを、さほど広くない天板上に置くのはイヤだし、水栓金具スパウト部(水が出る部分)に取り付けるタイプは、浄水能力に疑問??&なんか邪魔、と思っている方には、シンク下はお勧めです。

そして、水道水に含まれる有毒なトリハロメタンも、煮沸で揮発するとはいえ、10分も煮沸しなくてはならないので、手間なく安全な水を、毎日手軽に使いたい、という方には、浄水器設置は良いのではないでしょうか。

天板は、今回のケースは、人工大理石(ジンダイなんて言ってます)ですが、ステンレス天板でも大丈夫です。

ステンレスはともかく、本当の大理石天板ならば、穴を開けるのに四苦八苦するところですが、ジンダイは、大理石をうたってはいますが、無機物を混ぜた、ただの樹脂板です。

いってみたら、カニカマみたいなものですね。

カニを名乗るもカニにあらず。

浄水器ブログ画像

カニカマより、節足動物という意味においては、蜘蛛のほうがカニに近いですね。

なので、比較的簡単に穴が開きます。

取り付けをしたい任意の場所に、シンク下の状況を確認しつつ、穴開けをします。

DSC_0123

穴が開いたら、そこに水栓金具を取り付けて、天板上の作業は完了です。

世の中多くのものが、えてしてそうですが、この浄水器も、見えるところより、見えないシンク下の作業のほうが大変だったりします。

DSC_0124

シンクに元々ついている水栓金具に水を送っている給水管を分岐して、浄水器用に使います。

向かって左がお湯、右が水です。

チーズと呼ばれるT字型の分岐金具を、給水管の間に取り付けて、そこから給水管を伸ばして、任意の場所に、浄水器用の給水口を取り付けます。

T字型の管をチーズといいますが、これは英語のTees(ティーズ)が訛って広まったもののようです。

なんか恥ずかしいですね。

でもこの業界で、「ティーズ」なんて言ったら、「ああチーズね」と小馬鹿にしたように言われるのが関の山です。

チーズ画像

で、そこまで出来れば、あとは浄水カートリッジをつなげば完成です。

カートリッジ自体が割と大きいので、(今回のは、直径100mm、高さ250mm位)シンク下の収納スペースが、若干窮屈にはなります。

が、天板上はスッキリです。きれいに収まりました。

DSC_0125

ここで現場詳細ですが、実はこれは僕の家のキッチンでした。当然のように、お客様のお宅の施工の
際は、調味料や、ましてやキンショーメロンなんかを置きっぱなしでは、作業は致しません。

ほぼ散らからないのが解っている上、自宅なので、こんな感じでした。

連休中に渋々作業したものです。唯一の難点は、今回使ったカートリッジが気にいらない点でしょうか。

追々、現在洗面ボール下に付けている浄水カートリッジをキッチンシンク下に移設しようと思います。

イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

八王子市にて台所の間仕切壁造作工事をさせていただきました。



八王子市にて台所の間仕切壁造作工事をさせていただきました。

 

この度、お客様より「台所とリビングダイニングとの間仕切壁を開放的にしたい」とのご

 

要望を頂きました。

 

現状は間仕切壁に開口部が無く、少し閉鎖的な台所空間になっていました。

 

p1130369

 

間仕切壁に開口部を設け、カウンターを取付け、対面式に使用できるようにしました。

 

また開放感も感じられるように施工させて頂きました。

 

p1130984

 

裏側には吊戸棚を取付け、空間の有効利用も考えました。

 

p1130993 

p1130994

 

マンションですと、お部屋とお部屋の間仕切壁は比較的、躯体(構造)の壁でない場合が

 

多くみられます。

 

例えば、「LDKと和室の間仕切壁を無くして広い空間にしたい」「子供が巣立ったので洋

 

室2部屋を繋げて広くしたい」など、ライフスタイルの変化によってお考えも色々と変わっ

 

てくると思います。

 

躯体の壁でなければ取り壊す事が可能 (電気配線、設備及びガス配管の処理が必要な場合が

 

ございます) になりますので、間取変更を想像させるのも楽しいかもしれませんね。

 

皆様も、今後のライフスタイルの変化をリフォームと共に楽しまれてはいかがでしょう

 

か。

 

イーゼルホーム 住まいる館 佐藤でした。


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

八王子市内でガスコンロ交換+α



今回はガスコンロの交換ついでに、

最近あまり使わなくなった、ガスオーブンを

キャビネット(収納)に変更しました。

DSC00294コンロとオーブンを外した処(俯瞰)

ガラストップコンロとキャビネットを取付

 

DSC00300

DSC00304キャビネット内部

ガラストップコンロに交換したことで、

清掃性、調理機能、安全機能、快適性が大幅にUP。

オーブン部分をキャビネットにすることにより

収納部が増えて、キッチン廻りが片付きます。

使用頻度が少なくなったオーブン、こんな考え方もあります。

イーゼルホーム住まいる館 小林 一でした。


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

八王子 キッチン水栓交換



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は水栓金具交換を取り上げます。

上記画像のシャワー水栓のシャワー切替部分からの漏水の為、水栓本体を交換致します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンク下の収納扉を開けると、こんな状態です。

水栓と給水管をつなげている部分は後ろの板の向こうです。

背板は外せるようになってはいますが、背板を外すにはシンクの排水トラップ(前面に見えている筒状のもの)を外さなくてはなりません。

棚板も同様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして排水トラップを外すとさらに!ダブルシンクの排水管も邪魔しているのでそれも外します。

そうしてやっと背板の点検口が開けられました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中を覗くとこんな感じ。(すでに給水管を外した状態の画像です)

 恐ろしく狭いです。今までで最狭です。頭どころか、手もろくに入りません。

しかも点検口の中心から随分とずれた位置に給水があるので全然手が届きません。

一難去って又一難です。

 

水栓金具も下から止めるタイプなので実際、水栓を外すことも出来ません。

そこで、可能な限り止めている金具を緩めて、水栓とシンクの間に隙間を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じ。

 

この隙間にディスクグラインダーを入れて、根本を切りました。

切ってる画像やら、給水管を外してる画像など肝心のポイントの画像が無いのは、あまりに難儀な状況を解決するのにフル回転だったので画像にまで気が回らなかったせいです。

そんな訳で画像はありませんが、給水管もあとのことを考えて点検口の中心あたりでつなげられるように伸ばしてあります。

 

そして四苦八苦した結果、ようやく新しい水栓金具が取りつきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常キッチンの水栓交換は30分~1時間も見て頂ければ完了致します。

今回は正味2時間30分!

まぁ、僕が小っちゃくて痩せっぽちだから何とかなったような気も致しますが、基本かなり困難な状況でも費用変わらず何とか致します。

水栓に限らずそんな状況の際にもご連絡下さい。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

あきる野市 キッチン交換工事完了です!!



おはようございます。あきる野市でキッチン交換が完了いたしました。

最近、あきる野市、青梅市、福生市、羽村市のお客様が沢山いらして頂けるので感謝しております。

また、沢山のご紹介や口コミににてのご依頼を頂きまして重ねて感謝いたします。

 

交換前の写真です。

 

DSC02188 DSC02190

 

某ハウスメーカーの木製の開き扉のキッチンでした。IHは2年前に取り替えたばかりとのことでしたので

現在の物を使用することにしました。

 

今回のキッチンです。

 

DSC04005

 

キッチン前のタイルもキッチンパネルに変えて、食洗機もつけました。水栓金具は浄水器付きシャワー水栓です。

全体的に明るく仕上げました。もちろん、扉はおきまりのスライド式にして換気扇もお手入れが楽になるようなものへ変更してあります。

 

あきる野市でのキッチン交換も イーゼルホーム 住まいる館にお任せください。

小沼でした。

 

 


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

« 古い記事