カテゴリー別スタッフのブログ : トイレ・リフォーム事例


八王子市にてトイレ工事をさせていただきました



 八王子市にてトイレ工事をさせていただきました。

 

この度、お客様より「トイレのロータンク部品が破損し水が流せなくなってしまった」

 

との御依頼を頂き、現地調査をさせて頂きました。

p1140179 p1140177

ロータンク内部部品が破損している状況と、使用年数が30年を超えている事もあり、

 

新しい物に取替える運びとなりました。

 

当初はタンクレストイレも候補に御座いました。

 

タンクレストイレは価格が高めではありますが、デザイン性も良く、見た目もスッキリ、

 

お掃除もラクラクと至れり尽くせりで、便器自体の長さもコンパクトに設計されている為、

 

空間の有効利用に最適な商品と言えます。

 

しかし、一つ大きな問題がありました。タンクレストイレには手洗いが備えついていない為、

 

別に手洗い器を設けなければなりません。

 

現状、お客様のトイレはスペースの関係上、手洗い器の新設が難しく、タンクレストイレは

 

見送りとなりました。

 

機能性や価格帯のバランスを考え、最終的にTOTOピュアレストQRという商品にお決め頂きました。

 p1140516

見た目は、タンク付きのオーソドックスな形状ですが機能性は充実しています。

 

①フチなし形状の便器でとても掃除がしやすい。

 

②トルネード洗浄で便器全体をぐるりと効率よく流す事で、従来形節水便器と比較し約71%節水。

 

③セフィオンテクトの陶器表面の凹凸は、100万分の1㎜のナノレベルでツルツルなので、汚れが付きにくく落ちやすい。

 

毎日、お使いになる物ですから、日々の水道代節約にも力を発揮してくれる事でしょう。

 

今回は、トイレの交換と合わせて、天井壁のビニールクロスの貼替えと床のクッションフロアの

 

貼替えも行いました。

 

クッションフロアの貼替えは、便器が付いたままのでも行えます。しかし、

 

仕上がりはこのように便器裏側に切れ目が出来てしまいます(これは施工上仕方がないんです)。

p1140165

今回は効率良く、便器を取付ける前に貼替えましたので、切れ目無く便器の下まできれいに貼込む事が出来ました。

 

皆様も、今後のリフォームを御検討の際は、全体的な効率性も盛り込んで見られるのも良いかと思います。

 

イーゼルホーム 住まいる館 佐藤でした。


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

東大和市にてトイレの改修 Volume2



連休をはさんだ関係で1週開けて、先々週の続きです。

 

前回はテーブルの中身部分が完成したところで終わっていました。

続きはテーブルの脚になる部分を現地にて作成いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じに間柱といわれるサイズの木を使って作成いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

脚の部分が完成したら、あとはテーブル部分をのせて完成です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トイレのメンテナンスの為にテーブルは2分割にして、割と簡単に外せるようにしてあります。

今回のトイレは仮設校舎のトイレということだったので、そのあたりのことも考慮して作成致しましたが、恒久的なものもご相談与ります。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

東大和市にてトイレの改修



今回はいつもとはちょっと違うトイレの改修工事をとりあげます。

 

通常の便器と便座のついたトイレを障害者用のトイレにリメイクいたします。

 

介護対応のための手すりの設置などはよくある施工ですが、今回は下肢の不自由な方が横になった状態で一人で用を足せるように、便座の高さに合わせてテーブルを作成いたします。

 

テーブルの高さは、車いすの足を乗せる部分とつながるパイプ(レッグパイプ)があたらない高さにすることで、テーブルぎりぎりまで寄せられるようにいたします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず大体のイメージをつかむためにレーザー墨出し機で高さをひろって、床はテープで寸法を出してみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

便座廻りがくり抜かれたテーブルを作成するために、養生用のプラベニヤで型紙をつくります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

型紙を持って帰ってきて作業場で加工します。

12㎜のベニヤ板と5.5㎜のベニヤ板で、補強用の30㎜厚の木をサンドイッチします。

その出来上がったものにスポンジ&合成皮革張りをして仕上げます。

そのような複合素材(木材と、生地等)は我社ならではですね。

カーテンの縫製工場を併設しているので、変形したもののカバーも綺麗に仕上がります。

 

テーブルの仕上がりの画像は次回に・・・。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

三鷹にて、トイレの改修工事4



遠方の現場に行っていたもので、ブログ更新遅れました・・・・。

言い訳はさておき、三鷹トイレ改修の最終章です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洗面台も設置され、床、壁も張替て完成です。

長々と引っ張った割には、画像が悪くて「ピカッと感」が伝わりません。

写真ももう少しきれいに撮る練習が必要なようです。

色々と大変な現場でしたが、今後に生かせる知識も得られたので良い現場でした。

有難うございました。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。

 

 


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

三鷹にて、トイレの改修工事3



前回の続きです。

その前に、先日T様邸とF様邸に工事に伺った際に、恐縮でしたが、お昼代を頂戴いたしました。

頂戴いたしましたお昼代にプラスして、今回は「CARE」という人権保護団体に、マンスリーギビングプログラムという形で寄付をさせて頂きました。

有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

ちなみに「CAREインターナショナルジャパン」という団体は、70年ほど前にアメリカで設立された団体です。

直近では、内戦の長引くシリアの難民支援に力をいれています。

身近なところでは、スーパーのダイエーで売っているブラボーバナナというバナナを買うと、CAREに70銭が寄付されます。

ダイエーでバナナを買う際はブラボーバナナを買いましょう。ちりつもです。

興味を持った方はサイトを見てみて下さい。

 

では本題に入ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

給水管を隠すために、ふかした壁の部分に「エコカラット」という機能性タイルを張りました。

匂いを吸収したり調湿したりする、すぐれもののタイルです。

店舗のトイレにうってつけです。

下の画像は、上の画像の洗面ボールを置く台の製作過程です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このあと、床と壁を張り替えて完成になります。

完成画像は次回持ち越しで。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。

 


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

« 古い記事