カテゴリー別スタッフのブログ : 2013 : 8月


ジャストサイズキッチンの続き



イーゼルホームすまいる館の 小林 一です。

以前に掲載しましたジャストサイズキッチンが工事完了し、 昨日お引渡しになりました。

DSC00334DSC00333

フロアキャビネットもジャストサイズ。

DSC00335

アッパーキャビネットもジャストサイズ。レンジフードも梁欠き加工してジャスト。

半端なサイズをフィラーで化粧(隠す)することなく、無駄なくぴったりサイズで、 お施主様も大変喜んでおられました。


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク

あきる野市 塗装工事 進捗です!!



こんにちは!! イーゼルホーム 住まいる館の小沼です。

前回 ご紹介した塗装工事の進捗です。

DSC02524 DSC02525

DSC02526 DSC02527

車庫の鉄骨部分の錆止め完了です。

下部の鉄骨の塗装完了。

外壁のコーキングも完了です。

後は塗装のみです。

仕上がりが楽しみです。

またご報告させていただきます。


あさり



建築用語にはよく生き物の名称が付けられていますが、 今回は『あさり』についてご説明いたします。

『あさり』というと貝をイメージされる方が多いと思いますが、 建築用語に用いられる『あさり』とは、鋸(のこぎり)の刃が 交互に外側に曲げ出している事です。

これは切る時に切り粉 (おがくず)が外に排出される様に工夫されています。

20130829

このような加工をしていなければ、切り粉が外に排出されず鋸が 締まってしまい、木材の締まり抵抗が強くなって引けなくなってしまいます。

しかし、『あさり』の出が大きいとおがくずが多く出て、切りやすくなりますが 切り口が雑になってしまいます。

造作などでは『あさり』の少ない刃先の目の細かい鋸を使用し、切り口を綺麗に 仕上げます。

ただし、『あさり』の少ない鋸は熟練の技が必要で、素人では刃先を折ってしまう ケースが多いので注意が必要です。

イーゼルホーム すまいる館 遠藤でした。


地震対策



イーゼルホーム 住まいる館 上原です。

みなさんは、地震対策と言うとどんな工事を思い起こすでしょうか?

建物の構造計算をして耐震補強でしょうか?

もちろん耐震化は大事な財産を守るために大事な工事です。

ですが、まずは身の安全を確保するのはいかがでしょうか?

避難通路の確保や家具などの転倒防止工事などお済でしょうか?

先日こんな工事をしてきました。

 

ラッチ1

 

こちらの吊戸に

ラッチ2

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

耐震ラッチを付させていただきました。

これで大きな揺れがあった時には、扉にロックがかかりますので扉の中の物が飛散しないで済みます。

よく『震度いくつ位でロックしますか?』と言う質問を受けますが、メーカーさんでははっきり謳ってません。

何故かと言いますと同じ震度でも建物によって揺れ方が違うからです。

1階なのか2階に設置してあるのか?でも違いますし構造が違ければ体感震度が違うのはご理解いただけると思います。

ですので一概に言えないのです。

細かく聞けば数値も出てくると思いますが、たぶん重力加速度(G)で答えが返ってきますのであまり意味がないでしょう。

でも、身の安全が多少でも確保できますので、このような地震対策は少しでも多い方が良いでしょう。

ケガをしてからでは遅いので、早め早めの工事をお勧めいたします。


すみません!



こんばんわ!イーゼルホームすまいる館の 小林 一です。

今現地調査から戻ってきました。

ブログ更新の当番ですが、これからすぐに見積りをしなければなりません。

申し訳ありませんが、次回新ネタを報告させて頂きます。

すみません!


« 古い記事