カテゴリー別スタッフのブログ : 2014 : 3月


国分寺市で植栽の抜根



国分寺市内で植栽(垣根)の伐採・抜根の依頼がありました。

工事前はこのような字状態でした。

DSC03372隣地側(緑色に見えるもの全て)。

DSC03373道路側

防風林としても役立ちそうなボリュームです。

工事中の状況。

DSC03610隣地側の伐採完了。

DSC03609抜根された根っこの一部。

工事完了後。

DSC03682隣地側抜根終了。

DSC03683道路側抜根終了。

スッキリきれいに完了致しました。

今回は建物のリフォームではありませんが、

皆様のお役にたつことであれば、色々な工事のご相談に応じたいと思います。

イーゼルホーム 住まいる館 小林一でした。

 


青梅市 T様邸 畳表替え、襖貼り替え 工事完了しました。



今週は、以前浴室等のリフォームをさせて頂いたT様よりご依頼の

畳の表替えと襖の貼り替えが終了しました。

(と言っても、朝畳職人さんと、建具屋さんが畳と襖を引き取りに伺い、夕方設置に行くので、お家での作業はほぼありませんでしたが…)

 

消費税改正前に、焼けた畳をキレイにして、ついでに襖も貼り替えたい!!

とのご希望でした。

工事前は、

 

P1310060P1310061

 

 

こんな感じで、畳が焼けてます。(日当たりがいいお部屋なので、仕方ありませんが…)

 

そして、施工後は

 

 

P3250185P3250188

 

 

 

畳は、日に当たって白っぽく見えていますが、スッキリしました。

襖も、落ち着いた柄で立て付けも調整し工事完了です。

 

イーゼルホーム 住まいる館 福地でした。


あきる野市 太陽光発電!



こんばんは。昨年 あきる野市で太陽光発電をのせていただきましたN様からリビングのリフォームの見積もりを

と言うことでお邪魔してきました。

その際に太陽光発電の話でもりあがりました。

昨年の工事後の写真です。

DSC02809

工事完了から半年・・・・・。のせてよかったですとの嬉しいお言葉をいただきました!!

昨年の夏にのせて、秋にお伺いしたときのモニターの写真がのこっていましたので。

下記の写真です。

DSC02750 DSC02751

伺った時に、家で使用している電気が0.6KWでした。真ん中の消費という部分が使用している電力です。

そして、発電が2.9KWでしたので、な・・・・・なんと売電 2.4KWです。

電気を使って、余った電気を売っているのです。モニターでどれだけ使用して、どれだけ売れているのかがひと目でわかるので

節電にも効果があるようです(笑)。

東京都の補助金がなくなってしまい、国の補助金も下がりましたが 太陽光の値段も下がってきています。

ちなみに自分の家にも昨年 太陽光をのせましたが やはりのせてよかったと実感しております。

太陽光発電のご相談も イーゼルホーム 住まいる館にご相談ください。

小沼でした。


住まいの防犯(どんな場所が狙われやすいか)



大通りに面した住居より、小さな通りに入った所の住居の方が、

人通りが少ない為人に見つかる可能性が低くなります。その方がドロボウにとっては、

入りやすく逃げやすいので、狙われ易くなってしまいます。人目につきにくい場所でも、

逃げ道が限られているような場所に家があると、ドロボウは入りにくいと感じるようです。

 また、ドロボウは夜間に入ると思われがちですが、会社や学校に出かけた後の朝の時間や、

周囲に人気(ひとけ)がなくなる昼下がりの時間などが、ドロボウに取って入りやすい時間のようです。

家族がみんな働いている家では、誰も居なくなってしまいますし、だれか家に居る場合でも、

ゴミ出しにでたり家事に忙しく動きまわっていたりして、ちょっとした時間にドロボウに入られてしまうのです。

家を空ける時は、面倒がらずに戸締まりをしっかりして外出することが大切です。

イーぜルホーム 住まいる館 遠藤でした。


トイレの異臭



先日、『トイレから異臭が引かない、原因があるのか見てほしい。』と八王子のとあるお宅からご相談を頂きました。

お伺いすると、確かに異臭が・・・換気扇の機能に異常はありませんでした。・・・

では?どこから??原因はこちら

 OLYMPUS DIGITAL CAMERAトイレ内に設置してある手洗いの排水口からでした。

排水口からの異臭は時期や使用状況(近隣も含めて)によりますが、場合によっては目も開けられない程の時もあります。

排水口には匂い止めのトラップがあるのに何故異臭が上がってきたのでしょう?

さらなる原因はこちら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

床下の画像です。左が手洗いの排水その先で、便器の排水と一つになってます。便器の排水時の勢いが排水管内部の圧力低下をもたらして、最終的に、手洗いのトラップの水を引き排水してしまいます。

トイレを流した後に必ず手洗いで手を洗えば、異臭は上がってきませんが、近くに洗面台もありますので、そちらで手を洗う事の方が多いそうです。

いつも水を出しっぱなしにするわけにもいきませんので、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA床下の配管に、通気弁を設けました。

これによって、管内部の圧力低下を防げます。水が上がってくるような事があれば弁は閉じたままですので、床下に水が出ることもありません。(たぶん、今まで見た事はないです。)

なかなか見ない症状ですので、原因が同じことは滅多にないでしょうが、排水管の異臭は我慢できるレベルものではありません。

明確な解決策があるかどうか、まずはご相談下さい。

 

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。

 

 

 

 


トイレ・リフォームのページへのバナーリンク

« 古い記事