カテゴリー別スタッフのブログ : 2014 : 12月


立川市で間仕切り壁を撤去して2部屋~1部屋に変更工事が完了しました。



おはようございます。早いもので今年も もうすぐ終わりですね。

立川市で4.5帖と4.5帖の2部屋をワンルームの9帖に間仕切り壁を撤去して広くしたいというお仕事をいただきました。

 

交換前の2部屋の写真です。一番下の写真を見て頂ければわかると思いますが、4.5帖と4.5帖の間の壁になります。

 

DSC03572 DSC03573 DSC03574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 壁を撤去して9帖の部屋にしました。

撤去後です。

DSC03734 DSC03732 DSC03731

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁を撤去して床を重ね貼りをしました。壁紙も張替ましたので、とても明るくすっきりとした

広い空間になりました。

また、広い部屋に間仕切り壁を造作することもできますので 是非 増改築等のご相談をお待ちしております。

イーゼルホーム 住まいる館 小沼でした。


≪住まいる館の内装リフォームのページへ≫

インフルエンザ 流行の兆し



八王子でもインフルエンザの流行の兆しを感じる今日この頃、

弊社でも体調管理はみな気を付けていますが、周りで体調を崩し気味の方がちらほら、

全国的にインフルエンザの注意報・警報が発令されている中、私たちの八王子では第50週ではかろうじて注意報の発令はありませんでした。

とは言え、東京都では31市区町村中17が注意報そして、東京都全体として流行注意報が発令しています。

東京都感染症週報によると

47週  793

48週 1,497

49週 2,420

50週 4,192 (12/8~14)

と報告されている患者数が激増しています。

人の集まる所はなるべく避けて、マスク着用、帰宅後はウガイ・手洗い・室内の加湿・十分な休養等、気を付けましょう。

また、ほぼ同時期にノロウウィルスの流行も懸念されますので、みなさん体調管理には十分注意しましょう。

 

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。

 


立川市内でシステムバスリフォーム



先週ご案内しました立川市内でリフォーム中のO様宅。

システムバスの取付が完了しました。

開口部以外を腰高のサポートバー(手摺り)がぐるり1周しています。

DSC06849

浴室を拡張して1616サイズになりましたので、このようなオプションが可能になりました。

ご高齢の方が自立入浴でも安心です。

また介護補助者の方にも負担軽減が図れます。

イーゼルホーム 住まいる館 小林 一でした。


浴室リフォームのページへのバナーリンク

大掃除 排水管の清掃 排水のつまりを除去



大掃除の時期に差し掛かってきましたね。日頃、なかなかお掃除できない所で、排水管があります。

さらに、滅多に清掃の必要性は感じない所で、宅内ではなく外の排水管から下水の本管までの経路があります。

今回はそんな箇所で、イレギュラーな詰りの原因がありましたので、気は進まないのですが、ご紹介です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAちなみにこちらが今回つまてしまった排水管です。すでにあふれた跡が見て取れます。

中の方は・・・・

(これより先は、汚物が表示されますので、不快に思われる方は見ないで下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように、モザイクをかけてますが、汚水でいっぱいです。

原因はと言いますと、OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらでした。わかりずらいですが画像の真ん中あたりに黒い物が

拡大するとOLYMPUS DIGITAL CAMERAこの様に木の根がコンクリートの隙間を縫って侵入してきています。

取り出してみるとこのようにOLYMPUS DIGITAL CAMERAトイレットペーパーがびっしり付着していて、排水管を塞いでいました。

木の根を撤去して溜まっていた紙を除去したら勢いよく流れていきました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA溜まっていた汚水もきれいに流れていきました。

今回の様なケースはあまり多発はしないでしょうが、古いお宅でコンクリート製のマスを使用されている方は特に、外回りの排水管の点検をおすすめ致します。

もしも木の根が浸入している様な事があれば・・・と考えると5年に一度位は点検した方が良いのではと思います。

もちろん点検回数は多いにこしたことありませんが、またこの様なケースもたまにありますので、点検口の上に移動できない荷物を置かれるのは、

得策ではないと考えます。一度、お家の周りを見てみて下さい。見れない点検口、行けない箇所はありませんか?

 

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。

 


青梅で畳の交換



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上記の画像は何物でしょうか?

特撮もの全盛期のRKOフィルムに出てくるロボットのようなデザインが恰好いいです。

「地球が静止する日」、はてはテレビシリーズの宇宙家族ロビンソン、そんなやつです。

フランケンシュタインやドラキュラシリーズでおなじみのピーターカッシング主演の「地球侵略戦争」に出てくるロボットとかもこんな感じでした。

畳の上というシチュエーションが、否が応にもシュールさを増します。

 

そして、答えはなにかといいますと、畳専用レーザー墨出し機です。

よくよくみていると、リメイク版でないほうの「ロボコップ」に見えてきたので、「畳専用墨出し機」なんていう長ったらしい名前はやめて、「マーフィー」と呼ぶことにします。

 

それにしてもリメイク版のロボコップは、デザインはいまどき風で恰好よくなっていましたが、なんだか俳優も話も今一でした。

やっぱりロボコップはピーターウェラーのやつが一番いかしてますね。

 

それはさておき、今回、畳を新規に作り直すお客様の依頼で、畳屋さんに採寸して頂きました。

採寸の際に、このマーフィー君で直角を出して、そこを基準に採寸をしていきます。

家というのは最初のうちは垂直、水平がそこそこでているものですが、残念なことに時間の経過とともに色々なところが狂ってきます。

そうなると壁の面、柱の線、畳の合わせ目、サッシ枠、どれをとっても信用ならなくなります。

そこで正確な基準を、床やら壁やらに実際に線を書いちゃうことなくやってのけるのが、「マーフィー君」というわけです。

マーフィー君は畳専用ですが、建築用のレーザー墨出し機もあります。というか、そちらのほうがポピュラーです。

畳用は「ロボコップ」風ですが、建築用は「禁断の惑星」の「ロビー」風です。

共通点はどちらもレーザーで線を表示すること以外できません。

レーザーで鉄に穴を開けることも、敵をやっつけることも出来ません。

でも、どちらも建築にはなくてはならない道具たちです。

見かけた際は、「マーフィー!」と声をかけてあげましょう。

多分返事はしないと思いますが。

 

イーゼルホーム 住まいる館  加藤でした。


« 古い記事