日本三大珍味



先日、妻に「日本三大珍味でカラスミ以外の、他の2つはなぁに?」と聞かれました。

その時は答えられなかったので農林水産省のホームページで調べてみることにしました。

それによると・・・

日本三大珍味とは何ですか。

回答

いろいろな説があるようですが、一般的には、「うに」、「このわた」、「からすみ」のことを江戸時代から三大珍味と言うようです。

この「うに」は元は生うにではなく、ウニの生殖巣を原料として、塩を混ぜ合わせてペースト状にした「塩うに」のことでした。

「塩うに」は「うに塩辛」とも言います。福井県で製造された「越前雲丹(えちぜんうに)」が古くからよく知られていました。

「このわた」とはナマコの腸を塩漬けし、熟成させたものです。ナマコの異称「こ」の腸ということから、「このわた」と呼ばれるようになったようです。

「このわた」は古くから尾張(愛知県)、三河(愛知県)や、能登(石川県)の名産として知られていました

。「からすみ」はボラの卵巣を塩蔵し、適度な塩味となるまで塩抜きし、主に天日で乾燥させたものです。

その形が「唐(中国)の墨」に似ていることが名前の由来のようです。

「からすみ」は古くから肥前(長崎県)の名産として知られていました。

参考資料

「全国水産加工品総覧」光琳
・・・とのことでした。
傷みやすい海産物などを長く保たせて、その上おいしく食べるために色々な工夫を凝らし、結果日本の三大珍味として後世に残った・・・ 創意工夫を凝らした先人たちに、頭が下がる思いです。
イーゼルホーム   住まいる館  遠藤でした。