お膳



日本では、平安時代のころから、大部分が一人用の食卓で食べていたといいます。

その後長い間、食事で使う道具や食べ方などはあまり変らなかったのですが、

江戸時代のころには折敷(おしき)という食器をのせるための道具が、

お膳に変化・発展していきました。主に庶民が使っていたという折敷は、

四角いお盆のような形をしています。この折敷に、いろいろな形の脚がついて、

バリエーション豊かなお膳になりました。一番格の高い蝶足膳(ちょうあしぜん)は祝い事や

正月用として、宗和膳(そうわぜん)はお客さま用として、特別な日に使われました。

猫の足に似た猫足膳(ねこあしぜん)や2枚の板を脚にした木具膳(きぐぜん)などは、

家族や使用人の人たちが日ごろ使っていたものです。もっと身分の低い使用人には、

割ったクルミの殻(から)を脚にした胡桃膳(くるみぜん)というのもありました。

それからもともとお坊さんが使っていたという箱膳(はこぜん)は、食器がその中にしまえるので、

忙しい農家や町人たちにとても便利なお膳として、広く使われるようになりました。

 

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。