お膳を使った食事



 お膳は一人ひとりが食卓をもつことになるので、食べる時間や場所をわりと自由にすることができます。
格式の高い家では、いちばん最初に主人(父)が食べ、その次に家族が、その次に使用人というふうに、
ひとつの家で食事時間がバラバラなこともありました。それに料理の内容も主人と家族、
そして使用人とでは、明らかに違っていたようです。しかし庶民の多くは、
食事を用意する手間や時間の問題もあって、家族が一緒に食事をしていました。
とはいえ家の中の上下関係ははっきりとしていて、料理を出す順序、
座る場所が決められ、台所からいちばん遠い席が上座で、主人の場所となっていました。
 身分や貧富の差に関わらず個人用のお膳が使われたことや、家族がそれぞれ自分用のお椀や
お箸をもつことは日本の特徴的な習慣です。また、一人用の低いお膳で食事することは、
日本特有の食事作法やマナーもつくっていきました。お膳の前に正座して、茶碗やお椀は手にもち、
汁ものは口をつけて飲むようにします。食べたり、飲んだりするときも、大きな音をたてず、
おしゃべりも好まれませんでした。背筋を伸ばし、肘をはらないようにして、
美しい姿勢で食事をすることが家庭でしつけられたのです。
イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。