日本のお城の始まり



平安時代後期まで、貴族や豪族などの権力者たちは平野部の

都に大きな館を建てて住んでいました。このころの武士は、

権力者たちの地方の所有地(荘園)を管理していました。

そして、この荘園の中の平地や丘の上などに塀をめぐらせた館を建て、

一族で住んだのです。ところが、鎌倉時代になると武士の力が強くなり、

武士同士の争いが始まって、有利に戦うための場所が必要になってきました。

そこで武士は、敵に攻められたら逃げ込み、敵の攻撃を防ぐことのできる小さな

建物を山の上や急な崖(がけ)の上などにつくるようになったのです。

この建物は「山城」といわれ、これが日本のお城の始まりといえます。

その後、室町時代になると、あちこちの武士の勢力争いが激しさを増し、

「山城」は、次々につくられていきました。

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。