棟梁



今回は『棟梁』の言葉の由来を簡単に解説したいと思います。

意味は、大工の親方・一族、一門の統率者・集団の頭等。

文字通り建物の棟(ムネ)梁(ハリ)を合わせた言葉です。

棟と梁は建物を支える重要な部分であることから、棟梁は集団を

統率する中心的人物をいうようになり、一国の臣を指すようになりました。

やがて棟梁は、大工・左官・鍛治の職人など集団の長を指すようになり、

近世頃から大工の親方を指すようになったようです。

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。