日本のお城(お城の大規模化)



 初めのころに造られた山城は、敵を追い返すのに都合がよいのですが、
普通に生活するには大変不便でした。その上、たくさんの家来を
住まわせることはできませんでした。また、戦いに必要なものを造ったり、
おさめたりする、職人や商人たちがいる場所も十分にはとれません。
世の中が少しずつ落ち着いてくると、お城は不便な山から降りて、小高い
丘の上や平地に造られるようになりました。
 安土・桃山時代になって国内が統一されると、大名にその地域の権力が
集まるようになり、それまであちこちに造られていた中小の城は、大名の城に
まとまっていきました。そして、なん重にも堀や石垣を巡らせたり、家来の住まいなど
も造りました。そのためお城は、従来より数倍も広い土地を必要とし、たくさんの
建物が建つ、より複雑で大きな物になっていきました。
イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。