踊り場



踊り場というと、階段の途中にある半畳ほどの平らな所ですが、

言葉の由来を調べてみました。

以下の2説が有力とされているようですが、はっきりとはしていないようです。

踊り場付の階段は、明治時代に西洋建築の伝来と共に採用されたもので、

 それまでの階段は梯子のように、一直線の階段しかなかったようです。

 西洋建築は社交場など貴人・麗人が集まる場所で採用され、ドレスで着飾った

 女性がこの階段を歩くと、踊っているように見えた事から踊り場となった説。

階段の先にある板の間で実際に踊っていたものが、現在の踊り場に通ずると

 する説で、京都で芸子さんが実際に踊った踊り場も、存在するようです。

その他、階段の『段差』と『ダンサー』をかけた説もあるようですが、

これは洒落のようです。

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。