かんな



カンナは木材の表面を削って滑らかにする道具ですが、

言葉の由来について調べてみました。

 

古くは「カナ」と「カンナ」の両方の語形がみられるようですが、一般的な音変化

とすれば「カナ」から「カンナ」になたと考えられるようです。

「カ」は「カリ(刈り)」もしくは「カキ(掻き)」の意味で、「ナ」は「ナ(刃)」「ナグ(薙ぐ)」

「ナデ(撫で)」等諸説あるようですが、断定は難しいとの事です。

「かんな」といえば、室町時代以前は槍の穂先の反ったような形の「やりがんな」を指して

いましたが、近世以後は堅い木の台に刃を付けた「台かんな」を言います。

 

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。