日本のお城(仕事場としての「表」)



 江戸時代には士農工商という身分制度がありました。職業によって
地位の高さが決められていたのですが、一番位の高い武士の中でも
身分は細かく分かれていました。もちろん武士の中で一番高い位は
将軍です。将軍の仕事は人に会ったり、儀式を行うことでした。そのため、
お城の中には人に会うための部屋がいろいろありました。
 これらの部屋のあるところは「表」と呼ばれ、会う人の身分によって入る
部屋が決まっていました。たいていは部屋ごとに床の高さが異なり、
一番高い上段の間には将軍が座り、低くなるにしたがって、身分も低くなりました。
特に身分の高い人と会う部屋は天井が高く、襖絵(ふすまえ)や壁画など室内の
装飾も豪華になっていました。

 さらに将軍は、一度に大勢の人と会うこともあり、その時に使う大広間は
約500畳(およそ1600㎡)もありました。
イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。