暮らしの場「奥」(日本のお城)



 将軍は「表」での仕事が終わると、「奥」というプライベート空間(個人的な場所)に移動します。
この「奥」は、「中奥(なかおく)」と「大奥(おおおく)」に分かれていました。「中奥」では書物を読んだり、
書き物をしたりする将軍の執務室のような場所と、幕府の役人たちが働く事務室がありました。その他、
寝る場所、食事をする場所、身支度を整える場所などのプライベートな空間も「中奥」にありました。
将軍が寝たり、食べたり、着替えたりする時には、小姓(こしょう)という世話役が何人もついて、
将軍の身のまわりの世話をしていました。
 「大奥」は、将軍の妻や女中(じょちゅう)たちが暮らしていた場所です。ここに将軍以外の男性が
入ることは禁じられていました。しかし、妻の親戚や医者、僧侶などの限られた身分の場合は男性
でも出入りはできたようです。「大奥」での生活は女中たちによって運営され、「大奥」に仕えていた
女中は数百人にも上りました。しかも、すべての女中が「大奥」に住み込んでいたため、
長局(ながつぼね)という2階建の大きな建物がありました。
 また「大奥」では、花見や七夕、お月見などの現代でもなじみ深い年中行事が行われ、
日々の生活を楽しんでもいました。
イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。