床の間



床の間は、日本建築で和室の床を一段高くしたところで、掛け軸や花等を

飾り、上座を示します。

床の間の「床(とこ)」は、奈良時代から用いられた言葉で、人が座る「座」や

「寝床」の意味として用いられていたようです。

室町時代、ほかの部屋の床(ユカ)より一段高くした押し板がつけられ、主君や家臣が

会う時等に用いられた「上段の間(ま)」を「床(とこ)」と言うようになり、一段

高くなったところを「床の間」と言うように、なったようです。

今日で言う「床の間」の形は、茶室が造られるようになった事で、上段と押し板

が縮小されて、ひとつとなった事によるものだそうです。

イーゼルホーム 住まいる館 遠藤でした。