エアコンの効率のいい使い方



昨日、奥さんから暑くて、娘がぐずって大変だからエアコンをつけっぱなしにしているので

電気代が心配と相談されました。

我が家では、窓にすだれをつけているのですが気温が上がるとやはりエアコンに頼りがちです。

しかし、何か対策がないかと調べてみました。

 

 

1. 家に帰ったらまず換気!

室内が暑いまま冷房を入れるのはものすご~く効率が悪いです。まずは窓を開けて換気をしてから、エアコンのスイッチを入れましょう。

2. 設定温度は「28度」が理想!

エアコンは設定温度を1度上げるだけで約10%の節電効果があります。28度じゃ暑いと思っても、扇風機を併用することで意外と快適に過ごせます。

3. 運転モードは「自動運転」!

部屋が冷えるまでは強風、その後は微風と1番効率のよい運転をしてくれます。電気代を抑えようと思って微風にしていると、部屋が冷えるまで時間がかかってしまうので、余計な電気を使うことになります。

4. 風向きは「上」か「水平」!

冷たい空気は下に向かうので、風を上に向けることでお部屋全体を効率良く冷やすことができます。

5. こまめなスイッチのオンオフはNG!

エアコンは最初に一気に冷やして、その後は微風で部屋の温度をキープします。電気代は運転状況や機種によって変わってきますが、最初の1時間は20円程度、その後は1時間5~10円程度と言われています。部屋が冷えてきたからいったん切ろうなんてしてたら余計に電気代がかかるんです。

6. 除湿機能を使う!

湿度が15%減少すると体感温度は1度も下がります。なので除湿機能を使ったほうがおトクな場合も。まずはご自宅のエアコンのドライ形式が「弱冷房方式」か「再熱方式」かを確認しましょう。「弱冷房方式」の場合は冷房よりもドライを使ったほうが10~15%の節電効果があります。「再熱方式」の場合は冷房よりも電気代がかかってしまうので注意です。

7. 室外機を日陰にする!

エアコンの室外機に直射日光を当てないことが大切です。植木やすだれで日陰を作ってあげましょう。この時吹き出し口をふさがないように注意してください。これだけで5~10%の節電効果があります。

8. 室外機を壁から離す!

壁から離したり、少し斜めに置いたり、周りに物を置かずに風通しを良くすることが大事です。

9. フィルターを掃除する!

フィルターをこまめに掃除すると5~10%の節電効果があります。掃除の頻度は2週間に1度が理想です。
少しでも、地球と財布にエコになればと今度の休みにやってみたいと思います。
イーゼルホーム 住まいる館 福地でした。