現場乗込み



今週から新たな現場が始まります。

そこそこボリューミーなリフォーム現場な上、部屋の現状の構造上、色々厄介な問題が多そうです。

資料を揃えて下見をしに、現場に行きます。

資料を床に広げて寸法を測ったりしながら、変更場所を見て廻ります。(今回は空室にして頂いてます。有難うございます)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

収まりが厄介そうな場所は、資料と現物を見ながら「いやー、どうするかなぁー」と、あーでもない、こうでもない考えます。

現場で資料を広げて、どうしたらいい感じに収まるか考えている時間が仕事の全工程の中で一番好きかも知れません。

まだイメージが掴みきれていませんが、厄介な問題が多そうなだけに、非常に楽しみな現場です。

随時自分なりの視点で更新しようと思います。

 

イーゼルホーム 住まいる館 加藤でした。

 

 

 


キッチン・リフォームのページへのバナーリンク