洗面水栓の修理



今回は洗面水栓の修理です。

水がちゃんと止まらず、ぽたぽたと出続けるので直してほしいということでした。

 

こういうタイプ(しんぐるればーこんごーせんと、言う)の水栓はパッキンのみの交換は出来ず、中に一体型のお湯、水の切替装置みたいなものが入っています。

それが劣化してくると、上記のようなことが起きます。

 

メーカーに問い合わせたところ、まだ部品があるようなので部品をとって交換修理ということになりました。

 

洗濯防水パンの修理、建具調整、水栓修理

「男となるに必要ならば何でもやろう」マクベスのセリフに確かそんなのがありましたね。

まぁそんなかっこのいいものではありませんが、水栓金具の修理はメーカー問わず随分やっているので、躊躇なくすすめることにします。

 

TOTO,INAXなどのメジャーなメーカーは、割と長いこと部品供給をしているので、そこそこ年季の入った水栓でも修理可能です。

ただ、漏水状態を長い間放置していた場合、水道水に含まれるカルキというか、いわゆる塩類がガビガビに固まって、分解しようにも分解も出来なくなっている場合が多々見受けられます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドルをとって、その中にあるでかい六角ナットが簡単に回ればLucky!!ですが、今回はどうでしょう・・・・?パッと見ダメそうな雰囲気が漂ってますが・・・・・・・・・・・・見た目通りでした。

 

こういう場合は、トンカチで叩きます!といっても軽くです。

なんとなく気分がむしゃくしゃしてる時なんかはやめたほうがいいかもしれません。

直しにきて壊してしまっては元も子もないですから。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

叩いてから回してみる、ダメなら又、といった具合に何度が繰り返したのち・・・回りました。

固まったネジやナットなどが、苦労の末回った時はマラソンランナーのゴールシーンのような感激があります???

回った瞬間誰かが首にタオルでもかけてくれるんじゃないかと・・・ついでにメダルなんかも。

 

ヨタ話はさておき、叩いて回らない時にはバーナーであぶったりするケースもあります。パッキンの固着時には有効ですね。

 

傷つけることもなく無事に分解出来れば、修理の9割は終わったようなものです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは部品を取り換えて、元に戻して終了   と、あいなります。

 

これでまたしばらくの間、この水栓金具は自分の役割を果たしてくれることでしょう。

コストとベネフィットの関係だけみたら、ポン、と取り換えて綺麗にするほうがいいような気もいたしますが、直しながら使い続けるのもまたいいものです。

 

 家全体の修繕から、細かな修理までなんでもご用命ください。

イーゼルホーム すまいる館 加藤でした。