給湯器交換の前に



これからの季節、給湯器についてのお問い合わせが非常に増えてきます。

寒くなるこの時期、給湯器には一年を通して一番負担がかかります。

 

「調子が悪いのでしきゅうみてほしい。」

 

「お風呂に入れないのでできるだけ早くこうかんしてほしい。」

 

など、切羽詰まった問い合わせが多くなるのもこの時期です。

 

現在、ガス給湯器、石油給湯器、電気給湯器、ガスと電気を使ったハイブリット給湯器などいろいろな種類の給湯器や

床暖房、浴室暖房やミストサウナ、マイクロバブルなどの付加価値のついた給湯器などたくさんの商品ががあります。

 

 

また、設置場所だけでも 壁掛け型、据え置き型、宅内設置型、マンションなどのシャフト内設置型などさまざまです。

 

マンションシャフト2 床暖房付給湯器 電気温水器 s-宅内2s-エコキュート 

 

 

 

先にも書きましたように、

給湯器が壊れたので、とにかく早く給湯器を

同じものに交換では、もったいない気がします。

(お風呂に入れないストレスは・・・かなり大です。)

 

ここで、住まいる館にお問い合わせいただく給湯器に内容や給湯器事情をを少しまとめてみようと思います。

 

 

給湯器の種類について

 

 

給湯器はお湯を沸かす熱源に何を使いうかによって

 

ガス給湯器、石油給湯器、電気給湯器、ハイブリッド給湯器、太陽熱給湯器 に大きく分けられます。

 

給湯方式では 

 

瞬間式と貯湯式があり

 

瞬間式は

 

一般的なガス給湯器、石油給湯器で水栓をひねると水道の水圧で着火し、お湯を作る方式です。貯湯タンクを置く必要が無い、使いたいときに使いたいだけお湯を使えるもっともホピュラーな給湯方式です。

最近では省エネ高効率給湯器のエコジョーズなども広く使われています。

 

貯湯方式は 

 

大きなタンクにお湯をため電気給湯器(電気温水器やエコキュートなど)に使われる方式です。最初のイニシャルコストが一般的な給湯器に比べ高くなりますが、ランニングコストは他の方式に比べ安くなります。

 

デメリットの部分でシャワー等の水圧が下がるなどと言われておりますが、現在各メーカーさんとも水圧を高めた商品があり、お客さまからのクレームは今のところありません。それよりも、貯湯タンクの設置場所、エコキュートの場合は貯湯タンク+室外機(ヒートポンプ)の設置場所が問題になる場合が多いです。

 

エコキュート

 

上記の他に 瞬間式と貯湯式を合わせてハイブリッドもあります。

 

 

給湯器の号数

・号数=給湯能力

ガス給湯器の給湯能力を表す号数とは、「水温+25℃」のお湯を

1分間に何ℓ出せるかを表しています。

号数が大きいほど、1度に色々な場所でお湯を安定して使えます。

家族構成やお湯の使用する量・設定温度によって、号数を選ぶと良いでしょう。たとえば、お風呂でのシャワー、キッチン、洗面所などで

お湯を使った時にお湯の温度が安定しないなどの症状は、給湯能力不足という事になり、号数アップすると解消されます。一般的に、4人家族だと20号と言われていますが、比較的お湯を複数の場所で使うことが予想される場合は、余裕がある24号がおすすめです。また、水温自体も冬になると、春や秋に比べ10℃以上下がるため、設定した温度にする為、冬場に一番負担がかかります。なので、冬場に故障が多くなり、交換される方が多いのも事実です。

 

002

 

給湯器交換目安は

  1.  ・給湯器から異音がする
  2.  ・給湯器から煙が出る。
  3.  ・お湯の温度が安定しない
  4.  ・ガス臭がする
  5.  ・追炊きが急に出来なくなった
  6.  ・お湯が出てくるまで時間がかかる

 

上記のようなサインが出てきましたら、不具合の可能性が高く、修理もしくは交換の手配を考えてください。

新築からのマンションに住まわれている方は、マンション内で故障の話が出始めたら心の準備をし始めてもよいと思います。

よく言われる給湯器メーカーの設計耐用年数、設計標準使用年数は 10年です。

先日メーカーの担当者さんに聞いたところ実際の給湯器使用年数は 平均13年だそうです

このような症状が出ましたら お風呂に入れないストレスを感じる前に 早めに準備をしてください。