住まいる館スタッフのブログ


イーゼルホーム住まいる館のスタッフが実際に働く現場をブログにてご紹介いたします。
また、リフォームに関する知識やリフォームについて思う事、
更にはリフォーム以外の日常の出来事についても取り上げます。
どうぞご覧ください。

洗浄機付便座のリモコンの絵文字



便座ピクトグラム1

今回のお題目は、洗浄便座のピクトグラムです。
この話題は、今年初めの情報なので少々古いのですが、マイナーな話題なので取り上げることにしました。
添付画像で一目瞭然ですが、ピクトグラム、ようするに絵文字です。
非常口や、車椅子が有名ですね。
洗浄便座のリモコンの絵が、各社ばらばらで解かりにくい、という意見が多数寄せられていることから、日本レストルーム工業会が標準マークを決定して、今年販売の新製品から、工業会加盟メーカー9社が、導入していくそうです。
外国から訪日される方が増えていることを鑑みて、日本の優れたトイレをアピールする意図もあるようです。
確かに、日本のトイレは、すごいクオリティですからね。
先達、お客様のところで取り付けさせていただいたトイレなんかは、あまりにロボティックなので、クサリでつないでおかないと、歩いてどっかに行ってしまうのではないかと思ったくらいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


訪日される方もそうなのですが、高齢社会白書によれば、2016年の日本の全人口に占める、65歳以上の人の割合は、26.7%ということなので、さらにすすんでいく高齢化社会を見据えると、このような絵文字は、各社共通のものにする必要があるでしょうね。
ようするに、ユニバーサルデザインですね。
ユニバーサルデザインの7原則として、
1.どんな人でも公平に使えること
2.使う上での柔軟性があること
3.使い方が簡単で自明であること
4.必要な情報がすぐに分かること
5.うっかりミスを許容できること
6.身体への過度な負担を必要としないこと
7.アクセスや利用のための十分な大きさと空間が確保されていること(ウィキペディアより引用)
このような考えが広まっていくことで、違う環境で育ったり、現在の環境において困難な状態におかれている人はもちろんですが、誰にとっても住みやすい世界に近づいていくのでしょう。
工業会の「日本おもてなしプロジェクト」のなんていうのを見ると、賄賂を使ってまで招致した20年五輪に便乗したのかな?、という疑念も感じたりはしますが・・・。
理由はなんであれ、世の中にユニバーサルなものが広まっていくのは良いことですね。
イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。


日野市 コンクリート造 補修完了



先日より、アップしていた日野市のコンクリート造の補修工事が完了いたしました。

問題の箇所も勾配補修1防水処理防水処理を施した後、色味調整をして完了です。

今回のような、目に見えていない(問題が顕在化していない)様な箇所が、施工途中で発見した場合、お客様と御相談させていただき、

御希望に合う補修の御提案をさせていただければと考えます。

実際に、足場を立てて初めて点検可能な箇所の方が多いのですから、初回のお見積りで漏れてしまう補修も出てくる事があります、

出来るだけ、漏れのないようにお見積りさせていただきますが、施工中に御相談させていただく様な事がありましたら、

私ども(弊社に限らず)施工者の話にお耳を傾けてあげて下さい。よろしく御願いします。

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。

 


あきる野 のらぼう菜



DSC_0127

連休を挟んだこともあり、二週間ぶりのブログです。

今回は、外壁タイルが剥がれ落ちたという、お客様からの連絡で、先達点検に伺った時にはがれたタイルを、貼り直す作業に向かう途中、画像の風景が。

「菜の花が満開だ」と思ったのも束の間、「いや、季節が違うだろ???」

と、そのまま深く考えずにお客様のお宅で作業。

そのお客様のお宅も裏で大きな畑をやっていて、休憩時に畑を見せてもらっていたら、あっ菜の花、と思ったら、のらぼう菜!あー、あきる野名産のらぼう菜の、花でしたか。

アブラナ科だから、菜の花みたいな花なんですね。

近所に養蜂所があるので、蜂のために花を咲かせてる、とお客様は言っていました。

無農薬で栽培された植物の蜜を食べる蜂から採れる蜂蜜、なんかいいですね。

蜜蜂は、数年前から大量死が問題になっていますが、原因はネオニコチノイド系の農薬だ、というのが有力なようです。

で、話がそれましたが、外壁補修の内容は次回に。

イーゼルホーム 住まいる館 加藤でした。

 


施設の天井貼替



先達は、施設食堂の天井貼替工事を担当していましたが、日中は食堂を使用している為に、必然的に使用していない時間帯の工事になります。
そんなわけで、ブログ更新が滞ったりしたわけです。
施設ということもあり、天井には照明器具と熱や煙の感知器のほかに、スプリンクラーなんかもついています。
天井が真新しい状態のときと微塵も遜色ない仕上がりを望む場合であれば、器具類を全てはずす必要がありますが(外す必要のないケースもあります)、照明器具は電気工事士さん、感知器とスプリンクラーは防災屋さんを呼ばなくてはなりません。
電気工事士は、優秀な当社の社員がいるので問題ありませんが、他は、防災屋さんに来ていただいて、感知器とスプリンクラーをはずしてもらい、天井を貼替後、戻してもらうことになります。
で、その費用が、なかなかどうしてバカになりません。
感知器はともかく、スプリンクラーの水が噴出す部分(スプリンクラーヘッドという)を、ただ外すと、当然のように水が吹き出ます。(詳しい内容はネット検索にまかせるとして、(閉鎖型という機種のため)なので、配管内の水を抜いたあとで、スプリンクラーの見える部分(ヘッド)を外して、天井貼替後、取付して、配管内にまた水を張る、ということが必要になります。
さらに、ヘッドの耐用年数やら、再取付のリスクやら考えると、ヘッド交換も考慮の対象になります。
そうすると、さほど広くない区画の天井貼替にもかかわらず、「えーっ、この値段だったら、天井貼替してから、そこに八方睨みの雲竜図を描いてもらえるんじゃないの?」なんてことにもなりかねません。
(八方睨みの雲竜図は画像を参照。ミケランジェロ好きだった僕としては、システィーナ礼拝堂の天井画のほうが趣味ですが)

ブログ画像2

(解像度が低いのか、なんだか画像がボケボケで、よく見えません)

そんなわけで、工事費用を抑えるために、スプリンクラーヘッドは外さずに、切り抜いて施工することにいたしました。
ほこりがすごいので、きっちり養生をしてから、元の石膏ボードを壊して、ジプトーンという、学校や病院、施設諸々でよく見る、なんともいえない抽象的な穴のあいた天井材を貼りました。
実は、あの穴模様は、ローマのコロッセオでも使われている、トラバーチンという多孔石灰質の岩石を模したものなのですが、多孔質であるということと、色が白い、ということをのぞいたら、??という感じではあるので、その基準に沿った場合、蓮根もトラバーチンといってもいいかも知れません。言いませんけど。
重量はあっても不燃で安価な石膏を使いながら、天井材として、デザイン性も持たせた上、軽量化するためのアイデアなんだろう、とは思います。
日中は使われている場所であることもあり、3日間の工事期間中は日中使えるように、毎日養生の貼替と、清掃をいたしました。
そして、上手な大工さんに施工してもらったので、おかげさまで、すんなりきれいに収まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像が汚くて、まったくよくわかりませんね。ごめんなさい。


このような、施設の改修、補修も請け負っていますので、お気軽にご相談ください。

イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。


滝山城跡お花見



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は工事内容のブログを更新するつもりでまとめていましたが、急遽取りやめて別の話題にいたします。

当社の所在する滝山地区は、お花見のシーズンです。

早めにブログに書かないと、雨も続いていることもあり、桜が散ってしまうので、急遽変更しました。


当社前に広がる滝山城跡を含む、標高150mの加住丘陵には、エリア全体で、約1万本のさくらが植わっています。

鉄道路線がないので、交通手段はバスか乗用車になります。

旧滝山街道の、丹木三丁目交差点(ファミマの向かい)に、無料の駐車場があるので、車で来られる方は、そこを利用されるといいかもしれません。

あと当然ですが、お花見でお酒を飲まれる方は、公共交通機関をご利用ください。

滝山城跡の桜以外にも、加住地区には様々な観光資源があるので、お花見と合わせて、加住観光を楽しまれると良いと思います。

東京唯一の「道の駅」もありますし・・・。(土日は駐車場混んでますけどね)

残念ながら、リサーチに行く時間がなかったので、どの程度咲いているのか判らないので、画像は当社前の提灯が並んでいる画像です。

なんだか寒々しい画像で花見気分も萎えますね、ごめんなさい。

今週末に、ご家族そろって、滝山さくら見物にいらして下さい。

イーゼルホーム 住まいる館 加藤でした。


« 古い記事