住まいる館スタッフのブログ


イーゼルホーム住まいる館のスタッフが実際に働く現場をブログにてご紹介いたします。
また、リフォームに関する知識やリフォームについて思う事、
更にはリフォーム以外の日常の出来事についても取り上げます。
どうぞご覧ください。



今回のお題目は、またまたリフォームに関することではありません。

DSC_0141 DSC_0142

リフォームに関することは、まがりなりにもこれを生業にして、作業に対してお客様に支払いをしていただいていますので、ブログで取り上げる工事内容も、誤って理解したファクトを書き込んだりしていないかをチェックしながら、再度確認しながらなので、結構時間もかかり大変なこともあり、工事のネタがないわけではないのですが、ついつい後回しになってしまいます。

と言い訳がましいですね。

今回は、画像を見てのとおり、我が家の小さな池、というか水たまりに咲いた睡蓮、それと合わせて、毎年実をつけるのに、大きくなる前に落ちてしまうプラムの実です。

まさに「掃き溜めに鶴」ですね。

そして、睡蓮の奥にある、おおきな泡のかたまりです。

この泡のかたまりは、多分カエルの卵塊だとは思うのですが、調べてもよく判りません。

高尾の川沿いに棲息するカエルで、泡に包まれた卵を産むカエルというと、アオガエルでしょうか?

カエルに詳しい方がいらしたら教えてください。

DSC_0143

おたまじゃくしが孵ったら、はっきりするかも知れません。

僕が育った場所は、自然環境といえば空き地、多摩川河川敷、わりと近くにあった池、くらいのものだったので、自然に見られる両生類は、ヒキガエルのみ。(それはそれでかわいいですが)

哺乳類は、鼠、猫、犬、人・・・。

高尾に引越してからは、家の壁に、でかいナナフシがいたり、家の前にイノシシがいたり、ジョウビタキが窓ガラスをつついたり、山に入れば、テン、リス、サル、マムシにアオダイショウと、生物好きとしてはたまらない環境ですね。

数年前に造ったこの水たまりは、レンガを積んで造った箱状のものの内側に、FRPという、ガラス繊維をポリエステル樹脂で固めたもので防水しています。

建築関係だと、戸建のベランダ防水と同じ素材です。

他にも、サーフボード、一昔前の車のボディ、ボートや船、大型造形物と、強度、耐久性が高いので、様々な用途に使われています。

ただ、弾性率が低いので(変形しやすい=やわらかい)、構造材には使われませんね。

割と新しい素材で、諸説あるものの、二十世紀初頭に出てきて、日本に入ってきたのは、五十数年前だそうです。

そう考えると、僕とあまり年齢は変わらないですね。

家のことでいうと、ベランダのFRP防水でいえば、排水穴(ドレン)、サッシ周りのコーキングに問題がなければ、FRP部分は、20年以上は大丈夫でしょう。

よほど重たく尖ったものを落とさないかぎり、穴も開きません。

ただ、大きな問題が起こらないように、家を末永く維持する為には、15年から20年くらいのサイクルで外壁塗装、コーキング打替をする必要があるので、その工事の際に、ベランダFRP防水も、やり直したほうが良いと思います。

そして、そのFRP防水をした池の底に赤玉土を入れて、水を張って、植木鉢に植えた睡蓮やら、水草やらを沈めてあげれば、ビオトープといったら聞こえは良いですが、水たまりの完成です。

この水たまりはあまり大きくなく、夏場は水温が上がってしまうことが多いので、もし水たまりをつくるのであれば、可能なかぎり、大きくて深いほうが良いです。

そうすると、水温が安定するので、植物もよく育ちます。

そして、割と崩れにくい土を敷き詰めて水を張ってあげれば、雨の少ない時期に、水を足す以外、手入れは必要がありません。

ありがちなのは、ジャリを敷いたりして、コケが生えると、年に一回、水を抜いて、掃除をする、というパターンですが、あれをすると、水の中にいるバクテリアなどの微生物が皆死んでしまい、せっかく時間をかけて出来上がった水質が壊されて、その場所の生態系が破壊されてしまいます。

放っておけば、時間をかけて、よい感じに収束していくものです。
Aという物質が突出すると、それを利用するBが突出して、それによってAが減少すると、合わせてBも減少することで出来た空いた場所を利用するCが出てきて・・・という感じで、物事は安定していきます。

恒常性、ホメオスタシスなんていいますね。
確か、芥川も、中庸であることの重要性を説いていたと思いますが、世の中すべてが、ほどほどで、安定した状態に収束してくれると良いのですけれどね。

イーゼルホーム 住まいる館 加藤でした。




DSC_0151

今回のお題は、一昨日7月2日に参加いたしました、マラソン大会の感想です。

日光市内の観光地を廻る、100kmのウルトラマラソンです。

この大会を運営している団体が主催する大会は、参加費が高いので躊躇していたのですが、日光に久しく行っていないこともあり、楽しそうなので、参加しました。

東照宮、いろは坂、江戸村、ワールドスクエア、中禅寺湖などを廻るコースでしたが、今回は,よりによって風邪をひいてしまい、前日にお医者さんで、薬を処方してもらい、咳止め、抗生剤、抗炎症剤、解熱鎮痛剤等々、薬漬けで走る羽目になったこともあり、期待していたほど楽しめませんでした。

ここ数年、風邪はひかない、長距離走っても故障しない、という状態が続いていたので、油断しました。

多分、かなり感染力の高いウイルスだった、と勝手に思ってます。

さらに、スマホを車に置き忘れてしまったので、観光地や、大会の雰囲気などの写真も、まったく撮ることが出来なかったので、画像は、記録証の画像だけです。

ただ、そのような最悪なコンディションだったわりに、11時間切るタイムで、平均ペースも1km4分30秒を切るペースで、歩くことなく完走出来たので、結果としては、大満足でした。

今回は、風邪ひいて熱があっても、10時間以上走っていられる、ということが判った大会、として、記憶に残ることでしょう???。

イーゼルホームスマイル館 加藤でした。


浴室換気乾燥機の交換



今週は、ブログ担当曜日の火曜日に更新できました。

今回のお題目は、浴室換気扇の交換です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お客様宅で、浴室の換気扇が以前より壊れて動かなくなっているとのことで、交換のご依頼です。

電気式の浴室換気乾燥機(熱源がガスのもある)が壊れていたのですが、幸いお客様のお宅は戸建の為、浴室に窓がついていたので、換気扇が動かなくなっていても大きな支障はなく、永いことそのままにしていたようです。

浴室換気乾燥機は、もう使わないとのことで、乾燥機能無しの、通常のサニタリー用換気扇を取付けいたしました。

ただ、換気扇取付穴が、えてして換気扇より換気乾燥機の穴のほうが大きいので、穴を塞いで、そこに換気扇を取り付けるようになります。

今回は、420×420mm角 に、260×260mm角 の換気扇を取り付けます。

取付穴を小さくする為の、メーカー純正の取付パーツもあるのですが、結構いい値段がするので、安価におさえるため、樹脂板を加工して、穴を塞ぎました。

といっても、樹脂板を任意のサイズにカットして、真ん中に26cmの四角い穴を開けるだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それを元の穴に貼り付けして、換気扇を設置すればOKですが、換気扇の重さと振動に天井が耐えられるように、木枠を組んで、補強するなどの加工は必要です。

あとは換気扇のスイッチですが、元の暖房換気乾燥機は、本体からリモコン線がでていて、それについた操作盤(リモコン)が、浴室扉横についている、という状態です。

交換するものは換気扇なので、リモコンみたいなものはついていないので、電線をもってきてスイッチを取り付けるようになります。

余談ですが、いずれこのようなスイッチ類も、IOTの普及(IOTは、モノのインターネットなんて呼ばれていますね)とともに、スマホ等のようなデータ通信可能な媒体で、一括管理されるようになるのでしょうね。

そうすると、スイッチやリモコン、電線やら工事費やら、なんやらかんやらにかかるコストが下がり、そこから生み出せる利益が極めて少なくなるのですね。

このような仕事に限らず、市場のほとんど全てがデジタルデータ化され、ネット経由で、簡易に情報交換がおこなわれるようになり、経済学用語でいうところの、限界費用がゼロに近づくので、数百年続いた現在の経済活動の根幹が、ここ数十年の間に、様々な分野から徐々にパラダイムシフトを迫られる、という事態になるのだろうと思います。

そして米国ではすでに、80年代以降のITやAIの導入で、90年からの26年間で、製造業の生産量は72%増加しているにもかかわらず、効率化によって、31%の雇用減、となっているようです。

などと、このような仕事しながらも、色々想像して楽しんでいるわけですね。

それはさておき、目先の問題は、現況の換気乾燥機のリモコンサイズが、電気のスイッチのプレートより、えてして大きい、ということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

リモコン、スイッチ回りのクロスを張替する場合は問題になりませんが、今回のように、換気扇交換のみ、の場合は、大きなプレートをつける、プレートを2枚付ける、はたまた穴を塞いで、似寄りのクロスで部分補修する、などが考えられますが、リモコンを外してみたら、リモコン線を通す穴だけが、丸く開いているだけでした。

下のスイッチプレートのセンターに合わせて取付けることは適いませんでしたが、穴の補修はせずに済みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1番の懸念事項が解消したので、あとは首尾よく進み、取付け完了いたしました。

暖房換気乾燥機が壊れて交換したいけど結構高いし、とか、乾燥機使ってないし、、先々のことを考えて、壊れにくい換気扇に替えちゃおうかな、とか考えている方は、こんな方法も視野に入れてもいいかも知れません。

あと、今回は穴ふさぎのプレートは白系を使いましたが、別の色を使ってアクセントにしても面白いですね。

イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。

※作業終わらせて、問題ないかチェックして、請求書渡して、器具の説明して、なんて考えてたら、完成後の画像を
撮り忘れました。完成イメージが伝わらない・・・・綺麗に出来上がっているんですけどね、ごめんなさい。


浴室リフォームのページへのバナーリンク

ごみ集積容器 いわゆるゴミカゴ



ゴミかご1

前回も木曜日にブログ更新いたしましたが、僕の担当は火曜日なので、今回は無事火曜日に更新できて良かったです。

で、今回のブログ内容は、ゴミ集積容器です。
”ゴミシュウセキヨウキ”なんていうと、なんとも仰々しいというか、禍々しいというか、なにか不穏な印象を受けますが、ようするに、「ゴミかご」ですね。

マンションの場合は、集積場があり、管理費を払っていることもあり、割りとゆるい縛りの中で、ゴミを分別して出してさえいれば、管理人さんの逆鱗に触れることもなく、これといった問題は起こらないのですが、戸建ての場合は、集積場所が決められている場合、多くは、そこに網やカゴが置いてあり、当番制で管理すれば良いのですが、(これはこれで近所のトラブルも多いので、戸別回収を望む方は、お住まいの自治体役所に問い合わせて下さい)

自宅前にゴミを出す場合、ゴミを運ぶ手間はありませんが、無造作に置いておくと、カラスなどにバラバラにされて、忙しい朝の時間に、せっせとゴミ拾いをする羽目になったり。出かけた後で荒らされた場合は、清掃局の人に,

「カラスにゴミが荒らされていたので、カゴや網などで、覆うようにして下さい」などと書かれた紙を張られて、恥ずかしい思いをすることになります。

そんな訳で、多くのお宅では、黄色や青色のネットを、ゴミにかぶせて防御してたりします。

カラスに限らず、基本鳥類は頭の良いのが多いので、食事にありついた場所や、そのパターンは覚えているものです。

カケスの貯食行動なんかは有名ですね。

彼らは、いくつものどんぐりを、土の中や葉っぱの下に隠して、その場所を覚えていて、随分あとになって、食べ物が少なくなってきたら、「しめしめ」とほくそ笑んでるかどうかは知りませんが、あとから拾って食べる訳です。

あんな落ち葉だらけで、場所の区別もつかないような場所に隠して覚えていられるのですから、脱帽です。

僕には無理です。

そして、鳥類が飛ぶことが出来るのは、食べたものが、すぐにエネルギーになり筋肉に送られることで、常に軽い体重を保ち、羽ばたいて体を浮かせることが出来るからなんですね。

すごく代謝が早い、という生理機能をもっていることで、常に食べていないと餓死するリスクをかかえている訳です。

そのような淘汰圧がかかる(生物学で、変異を選択させる環境圧を、淘汰圧なんていいます)状況におかれれば、食べ物を隠して覚えていられる能力は、生存と繁殖に有利に働くでしょう。

僕の記憶が正しければ、確か、鳥の死因の1位は、餓死だったと思います。

で、また話が逸れましたが、他のお宅と同じように、うちでも昨年から、カラスに目をつけられるようになってしまったので、なにか対策をしなくては、ということで、ゴミにかぶせるネットや、ちょうど良いゴミかごなんかも探したのですが、「なんか見た目が・・なんか趣味じゃない」というワガママな理由で、全て却下、結局創ることにいたしました。

僕の場合、日々出すゴミの量はたかがしれていて、貯まった雑紙、プラ容器の類が入ればよいので、小ぶりなものに致しました。

一応僕は、ゴミの出る量を抑えようと、気にして生活している人なので、多分他の人より、ゴミは少なめとは思います。

最近、ナショナルジオグラフィックの記事で、北米のノースカロライナ州で生活する、「ワイルド・ルーツ」という
コミュニティは、「無駄を出さない」という原則のもとに、様々なアーススキルを駆使して、無駄の少ない生活を送っているということですが、そのような人達と比べてしまうと、僕は、ありえない位、ゴミの排出量は多いですけどね。

で、作成したゴミかごは、ブログに載せるつもりはなかったので、作成過程は画像にありません。あしからず。

暇をみて、1時間とか、2時間とかやっていたので、ものすごく日数は、かかりました。

材料は、鉄のフラットバー(平板)、なまし線、蝶番2ヶ、塗装で、錆止め、黒ペンキ 以上です。安い材料ばかりです。

なまし線は、鉄の針金に熱を加えて、ゆっくり冷やして、組織の状態を変えることで、やわらかくした針金です。

全体の枠に平板を使い、飾り部分になまし線を使い、唐草パターンを創って、1個、1個、溶接していきます。

ペンチや手で曲げて唐草を創ったら、とんかちでトントン叩いてあげると、鉄分子が整列して、クニャっとしていたものが、しっかりします。

形が出来上がったら、錆止めや、黒ペンキを塗って、完成です。

あとは、任意の場所にアンカーを打ち込んで、ナットで固定したら、終了。

ゴミかご2  ゴミかご3

最近は、休日に時間をかけて何かを創ることがなかったので、久しぶりの大作になりました。

そこそこ満足のいく仕上がりになって良かったです。

ちょっと変わったゴミかごが欲しい方で、出来上がりはいつでもいいから、気長に待つわ、という方がいれば、又製作してもいいかな?? 

イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。


奥武蔵ウルトラマラソン



奥武蔵ウルトラ

今回のお題目は、リフォーム関連ではありません。(またか・・・)
先達の、6月4日の日曜日に、埼玉の毛呂山で開催されました、「奥武蔵ウルトラマラソン」に参加してきました。
昨年は、諸事情ありまして参加できませんでしたが、今年は晴れて参加です。
僕は、今回で三回目の参加になります。
舗装路のマラソン大会とはいえ、毛呂山付近の峠道なので、基本、平らな道がありません。
上っているか、下っているかで、制限時間12時間で78km走る、マラソン大会です。
この大会は参加費が安く、その割に、給水、給食所(エイド)も充実しているので、フルマラソンより距離の長い、ウルトラマラソンの中では、結構人気のある大会です。
主催者側のエイドに加えて、私設のエイドもあるので、78kmという、ほどほどに長丁場ですが、手ぶらで走ることができます。
僕は今回は、ちっちゃなボトルと小物が入るウエストベルトに、エナジージェルを入れて走りました。
51kmの折り返し地点では、奥武蔵名物の、カキ氷と、水着のお姉さまが迎えてくれます。
定番なので、カキ氷2杯食べ、写真を撮ってもらい、早々に走りだしたものの、僕の実力にしては、少々ペースが速かったせいで、残り二十数kmは、疲れるは、全身痛いはで、酷いものでしたが、なんとか歩かずに、走りきることが出来たので、タイムも、一昨年より5分くらい速く、8時間28分、出走者1580人中、309番で、無事ゴールできました。
僕的には、5月は練習で400km以上走った疲れがありながらも、一昨年より速いタイムでゴールできたので、結構満足していたのですが、今回は、完走率91%、トップの選手が5時間36分という考えられないタイムでゴールしたことを知ると、満足感は半減してしまいますね。
仕事もそうですが、日々の積み重ねが結果を左右するということですね。
イーゼルホーム住まいる館 加藤でした。


« 古い記事