給湯器 配管補修



給湯器が不調との連絡を受け、お話しをお伺いしましたら、

どうやら配管に亀裂が入り水(お湯)が出てくるとの事。

現地にて見させて頂いたところ、OLYMPUS DIGITAL CAMERAお話しの通りに配管にヒビが、交換の準備をして

OLYMPUS DIGITAL CAMERA給湯器下でカット

 床下の引き込み近くでカット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA新しい管の準備をして

OLYMPUS DIGITAL CAMERAヒビの入った管を撤去OLYMPUS DIGITAL CAMERA少し曲げてみるとこんな感じでしっかりヒビが入ってます。以前のブログにも上げさせていただきましたが、この配管・架橋ポリエチレン管ですが、紫外線に弱いので、必ず紫外線対策が必要です。

今回は断熱材にキャンパステープが巻いてあったのですが、共に劣化してしまい付け根の部分が露出してしまった為に、紫外線に暴露し劣化した結果、割れてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA新しい配管をつないでOLYMPUS DIGITAL CAMERA保温材をまいたのちOLYMPUS DIGITAL CAMERAキャンパステープをまいて作業終了です。

ここ10年位で新築や浴室のリフォーム時に給湯器も交換されたかなどで、直射日光が配管に当たる場合は、

経年劣化に注意して年一回程度の点検をして、劣化がある場合は保温チューブの巻き直しなどを実施して下さい。

 

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。