外壁補修 タイル目地クラック



先日より工事させていただいている。あきる野の現場で、乾式工法のタイル張りで一部補修をさせていただいてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAバルコニー下側の画像なんですが、よく見かける仕上がりかたですが、タイルの目地部分を雨水が伝ってしまい、軒天が水分を吸収してしまうことがたまにあります。そんな事がありそうな時、私は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように角の部分に少し樹脂モルタルを足してあげてます。簡易的ですが水切り金物に近い効果を期待しています。少なくとも伝い水の確率は減ると考えての事です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA こちらはタイルのボンドのクラックです。下地のサイディング材が動いた時にできたのでしょう、短期的には特に問題ありません。奥でボード同士が実(互い違い)ついてますしシール材も入ってますので水が浸入することは少ないでしょう。でも、見た目的にも心配な時は、

OLYMPUS DIGITAL CAMERAやはり、樹脂モルタルを詰めておきます。コーキングは後々、硬化不良を起こしますので細いクラックには向きません、簡易補修としてはエポキシ注入なんかが理想なのかもしれませんが、垂れてしまうのと周りについた時に無関係の箇所が汚れてしまうので、樹脂モルタルを使う事が多いですね。(状況によってさまざまですので、採用する材料はその時々です。)

イーゼルホーム 住まいる館 上原でした。