日野市にて、押入れ改修工事をさせていただきました。



日野市にて、押入れ改修工事をさせていただきました。

 

最初、押入れを解体して、クローゼットに変えたいという事でしたが、

 

お話をしているうちに元々の面材や柱などが茶色や赤い表層でしたので、

 

色を変えるだけでも、感じがだいぶ変わりますし、

 

予算も抑えられますという話になり、

 

3Mジャパン株式会社のダイノックフィルムと木部塗装を提案して、

 

施工することに決定しました。

 

ダイノックフィルムとは、薄いシート状のもので、裏面が接着するようになっており、

 

貼って施工します。表面に凹凸が無いことが、職人さん曰くきれいに貼れるとの事です。

 

施工前です。

011010

013  015

 

天袋の下の鴨居や敷居などをアイボリーで塗装し、

 

面材部分をダイノックフィルムで仕上げました。

 

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%b3%e6%a7%98%e9%82%b8%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%83%e3%82%af-001 %e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%b3%e6%a7%98%e9%82%b8%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%83%e3%82%af-002

 

内装は、クロス張替とカーペットからフローリングに張替もさせていただきましたので、

 

違う部屋のようになりました。

 

気分転換や内装の模様替えの一環でも構いませんし、木目調などのダイノックフィルム自体の

 

種類が豊富にありますので、補修などにも多種多様に使えると思われます。

 

長年住んでいると破損や傷、経年劣化の補修などで、交換しなければいけないこともあります。

 

場合によっては、交換するばかりではなく、物を活かして、リフォームすることも可能です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

イーゼルホーム 住まいる館 安永でした。

 

 

 

 


≪住まいる館の内装リフォームのページへ≫