瑞穂町にて、後付け階段手摺の取り付け工事をさせていただきました。



瑞穂町にて、後付け階段手摺を取り付け工事がありました。

 

ライフスタイルに合わせ、階段手すりを付けたいとご連絡いただきました。

 

実際、取付にも方法が主に2パターンあります。

 

1つは、壁の内部に取り付けの下地を埋め込んであげて、クロスを張り替えて、

 

下地が入っているようには、まったくわからないようにして、手摺のみを

 

付けてあげる方法があります。

 

2つめは、予算を抑え、後付手摺受け枠という20ミリぐらい厚みがある

 

下地のベースとなるものを既存の壁と手摺の間に入れて、取り付けるパターンがあります。

 

001  003

 

一番重要なポイントとして、手摺自体をどのくらいの高さにするかによって、

 

体の預けやすさが変わってきます。

 

今回は、床面より75cmのところがちょうど良いとの事でした。

 

001 003

 

後付手摺受け枠のおかげか、かなりしっかり付きましたし、手摺自体も直径35ミリありますので、

 

握りやすく、安心して使っていただけると思います。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

イーゼルホーム 住まいる館 安永でした。